トップ

AGAは毛包が成長しないのが原因

最近テレビCMやネットでよく見かけるようになった「AGA」。頭髪や薄毛と関係ある言葉であることはイメージできますが果たしてどのようなものなのでしょうか。仕組みついて分かればそれに応じたケアをし、薄毛の悩みを改善できます。

では、AGAとはそもそもどのような意味があるのでしょうか。AGAとはAndrogeneticAlopeciaの略称です。Androgeneticつまり男性ホルモン、Alopeciaは脱毛症で「男性型脱毛症」という意味です。成人男性に見られる薄毛の状態で、思春期以降に生え際から薄くなるいわゆるM型と頭頂部から薄くなる0型の一方あるいは両方が生じるという特徴があります。AGAでお悩みならこちら。

AGAを詳しく理解するためにはまず、髪の毛の伸びる仕組み、いわゆるヘアサイクルと呼ばれるものを理解することが必要となってきます。

ヘアサイクルにはいくつかの段階があります。
1)成長期その1:毛髪が生まれる段階で、毛母細胞が分裂し皮膚のなかで髪の毛が成長します。
2)成長期その2:毛母細胞が活発に分裂し、髪はさらに伸びて皮膚表面に出てきてさらに伸びていく。
3)退行期:毛母細胞の分裂が終了し、髪の成長が止まり、抜けはじめる。
4)脱毛。
5)休止期:抜けた毛が再び成長するまでの間、毛根の奥で再び成長するための準備が行われています。この段階を繰り返すのがヘアサイクルで、男性は平均で3-5年の間に1サイクルします。

AGAの原因は、遺伝的理由とテストステロンというホルモンが変化したジヒドロテストステロン(DHT)がもたらす脱毛作用です。テストステロンは身体的、精神的な男性らしさと関係のあるホルモンでありこれ自体が原因ではありません。毛乳頭や皮脂腺にある酵素5aリダクターゼと結びついてジヒドロテストステロンに変化し、このDHTがヘアサイクルの成長期の毛髪が太く長くなるのを妨げます。妨げられた結果、成長期が短くなり、毛髪が太く長くならないままで頭皮に現れるので、薄毛になるということです。

AGAはごく一部の成人男性の悩みというわけではありません。全国で約1260万人、すでにケアを行っているという人は約650万人と言われています。これまで多くの人が進行性のある症状に対し正しい知識とケアで改善し悩みを克服してきました。今からできる改善策を考えましょう。